コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒気帯び運転 シュキオビウンテン

デジタル大辞泉の解説

しゅきおび‐うんてん【酒気帯び運転】

酒を飲み身体にアルコールを保有する状態で自動車などを運転すること。道路交通法で禁止されており、違反者は運転免許取り消しの行政処分を受ける。→酒酔い運転
[補説]呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満の場合と、0.25ミリグラム以上の場合とで罰則が異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅきおびうんてん【酒気帯び運転】

酒気を帯びて車両等を運転すること。道路交通法で一般的に禁止されているが、特に体内のアルコール濃度が一定基準を超える場合は罰せられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の酒気帯び運転の言及

【酒】より

…にもかかわらず,同条違反は,毎年の道路交通法違反事件中,速度超過に次いで多い件数を示すのが現状である。同条違反の罪は,酒酔運転の罪(道路交通法117条の2‐1号)と酒気帯び運転の罪(119条1項7の2号)とに分かれるが,前者は,アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態での飲酒運転を意味し,その法定刑は2年以下の懲役または10万円以下の罰金である。後者は,いわゆるほろ酔運転を処罰するものであり,血液1mlにつき0.5mgまたは呼気1lにつき0.25mg以上のアルコールを保有する状態(道路交通法施行令44条の3)で車両の運転をした者につき,3月以下の懲役または5万円以下の罰金を定めている。…

※「酒気帯び運転」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

酒気帯び運転の関連キーワードハーレイ・ジョエル オスメント特別危険保険料率適用予告通知書07年9月施行の改正道交法砂川の一家5人死傷事故酒気帯びと酒酔い運転飲酒運転の罰則強化京都市職員の不祥事飲酒運転の厳罰化パリス ヒルトン飲酒運転と罰則高田 真理改正道交法飲酒運転酒気帯び重ね飲み酒気

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒気帯び運転の関連情報