酒祝ひ/酒寿ひ(読み)サカホガイ

デジタル大辞泉の解説

さか‐ほがい〔‐ほがひ〕【酒祝ひ/酒寿ひ】

《古くは「さかほかい」》酒宴をして祝うこと。
「皇太后觴(みさかづき)をささげて太子に―し給ひて」〈神功紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android