重箱で味噌をする(読み)じゅうばこでみそをする

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうばこ【重箱】 で 味噌(みそ)をする

(重箱では味噌はすれないところから) 外見がどんなにりっぱであってもその器(うつわ)でなければ役に立たないことのたとえ。また、外見を整えることや、細かい点にとんちゃくしないでおおめに見ることのたとえにもいう。重箱を擂粉木で洗う。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android