コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金精大明神 こんせいだいみょうじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金精大明神
こんせいだいみょうじん

男性器に似た自然石や同様の石製木製の像を祀った神。出産や性病治癒に効験ありとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の金精大明神の言及

【金峯神社】より

…金山毘古命をまつる。かつて祭神は金山彦命,大山祇神,大己貴命,少彦名命,安閑天皇とされたが,鎌倉時代は金精(こんせい)大明神とも金山明神ともいわれ,黄金保護の神と考えられた。853年(仁寿3)名神となり,854年(斉衡1)月次・相嘗・神今食祭に奉幣にあずかる神とされた。…

※「金精大明神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金精大明神の関連キーワード金精神・根精神・金勢神生殖器崇拝金精峠男性器淫祠

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android