自然石(読み)じねんせき

精選版 日本国語大辞典 「自然石」の意味・読み・例文・類語

じねん‐せき【自然石】

〘名〙 人の手の加わっていない天然のままの石。自然にできた石。また、自然の姿をのこすように工夫して加工された石。しぜんせき。
※羅葡日辞書(1595)「Iinenxeqi(ジネンセキ)ニテ ツミ アゲタルコト」

しぜん‐せき【自然石】

〘名〙 人為を加えない天然のままの形の石。じねんせき。
仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉二「自然石の石碑はいやな事に候 柩の前にて通夜すること無用に候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「自然石」の意味・読み・例文・類語

じねん‐せき【自然石】

しぜんせき(自然石)

しぜん‐せき【自然石】

人為を加えない自然のままの石。天然石。じねんせき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android