自然石(読み)シゼンセキ

精選版 日本国語大辞典の解説

しぜん‐せき【自然石】

〘名〙 人為を加えない天然のままの形の石。じねんせき。
仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉二「自然石の石碑はいやな事に候 柩の前にて通夜すること無用に候」

じねん‐せき【自然石】

〘名〙 人の手の加わっていない天然のままの石。自然にできた石。また、自然の姿をのこすように工夫して加工された石。しぜんせき。
※羅葡日辞書(1595)「Iinenxeqi(ジネンセキ)ニテ ツミ アゲタルコト」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然石の関連情報