自然石(読み)じねんせき

精選版 日本国語大辞典「自然石」の解説

じねん‐せき【自然石】

〘名〙 人の手の加わっていない天然のままの。自然にできた石。また、自然の姿をのこすように工夫して加工された石。しぜんせき。
※羅葡日辞書(1595)「Iinenxeqi(ジネンセキ)ニテ ツミ アゲタルコト」

しぜん‐せき【自然石】

〘名〙 人為を加えない天然のままの形の石。じねんせき。
※仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉二「自然石の石碑はいやな事に候 の前にて通夜すること無用に候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android