金縛り(読み)カナシバリ

デジタル大辞泉の解説

身動きができないように、厳しく縛りつけること。「金縛りにあったように、からだが動かない」
金銭の力で人の自由を束縛すること。
睡眠麻痺(まひ)のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金縛りの言及

【睡眠】より

…この場合,夢の内容をよく記憶していることが特徴である。(5)睡眠麻痺 いわゆる〈金縛り〉の状態で,入眠時とか朝の目覚めどき自分の手足を動かすことができない。本人は自分がどんな状態にあるか知っており,あとで思い出すこともできる。…

※「金縛り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android