コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釘貫 クギヌキ

2件 の用語解説(釘貫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くぎ‐ぬき【×貫】

柱やくいを立て並べて、横に貫(ぬき)を渡しただけの柵(さく)。
「そこはかとなくて、―といふものをぞ、片面(かたおもて)にしわたしたりける」〈狭衣・三〉
釘貫門」に同じ。
「さてはと人の透間(すきま)を見あはせ、―木隠れにてかの中間耳近く」〈浮・一代女・四〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の釘貫の言及

【京都[市]】より

…法然,親鸞や日蓮といい,栄西,道元といい,宗祖の多くが比叡山で学んだ天台の僧であったのが特徴的で,これらの新仏教が都市の宗教として浸透するのは室町時代であろう。市街に釘貫(くぎぬき)といって,町の入口に木戸を構えることが,鎌倉前期には確認されるが,これは都市民の間に共同体的な関係が成長していたことを物語っている。商工業者の成長も著しく,なかでも〈山門気風の土倉(どそう)〉といわれる,比叡山延暦寺の管轄する法体の土倉が高利貸業者として活躍した。…

※「釘貫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釘貫の関連情報