コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釘貫 クギヌキ

デジタル大辞泉の解説

くぎ‐ぬき【×貫】

柱やくいを立て並べて、横に貫(ぬき)を渡しただけの柵(さく)。
「そこはかとなくて、―といふものをぞ、片面(かたおもて)にしわたしたりける」〈狭衣・三〉
釘貫門」に同じ。
「さてはと人の透間(すきま)を見あはせ、―木隠れにてかの中間耳近く」〈浮・一代女・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くぎぬき【釘貫】

柱を立て並べ横木を貫き通した簡単な柵さく。 「関屋どもあまたありて、海まで-したり/更級」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の釘貫の言及

【京都[市]】より

…法然,親鸞や日蓮といい,栄西,道元といい,宗祖の多くが比叡山で学んだ天台の僧であったのが特徴的で,これらの新仏教が都市の宗教として浸透するのは室町時代であろう。市街に釘貫(くぎぬき)といって,町の入口に木戸を構えることが,鎌倉前期には確認されるが,これは都市民の間に共同体的な関係が成長していたことを物語っている。商工業者の成長も著しく,なかでも〈山門気風の土倉(どそう)〉といわれる,比叡山延暦寺の管轄する法体の土倉が高利貸業者として活躍した。…

※「釘貫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

釘貫の関連キーワード門(出入口)釘貫久吉木隠れ火葬塚更級横木

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android