コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釘貫門 クギヌキモン

デジタル大辞泉の解説

くぎぬき‐もん【×貫門】

門柱の上部に2本の貫を通し、下に扉をつけた簡単な門。屋敷の通用門や、町の入り口・関所などに設けられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くぎぬきもん【釘貫門】

柱を立て、上部に二本の貫を渡し、扉をつけた門。町の木戸の類。釘門。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の釘貫門の言及

【門】より

… 冠木(かぶき)門は2本の門柱の上に横木をのせたもので,〈衡門〉ともいわれ,上土門とともに武家の屋敷に用いられた。釘貫(くぎぬき)門は2本の門柱の上部に貫を通したもので,冠木門と似ているので,現在では混同されている。平安時代の文献にはすでに見え,神社,住宅,町の木戸関所などに用いられている。…

※「釘貫門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone