コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄漿始め カネハジメ

デジタル大辞泉の解説

かね‐はじめ【鉄漿始め】

平安時代以降、初めてお歯黒をつけるときの儀式。女は9歳、男は元服ののちに行われ、江戸時代では、女子だけが13歳または17、8歳ごろに行った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねはじめ【鉄漿始め】

初めて御歯黒おはぐろをつけること。また、その儀式。平安時代は、女子は九歳、男子は元服の時に、江戸時代には女子のみが普通一三歳で行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報