コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子 オナゴ

デジタル大辞泉の解説

おな‐ご〔をな‐〕【女子】

《「おんなご」の音変化》
女。女性。
女の子供。女の子。
女中。下女。
「高島屋の―に呼びかけられて」〈浮・一代男・七〉
[補説]現在、多く東北地方関西で使われる。

おみな‐ご〔をみな‐〕【女子】

《古くは「おみなこ」》女児。また、一般に女性のこと。
「遂に―を生めり」〈雄略紀〉

おんな‐ご〔をんな‐〕【女子】

女児。息女。
「京にてうまれたりし―」〈土佐
若い女性。女。おなご。
「―ども呼びて床をとらせ」〈浮・諸艶大鑑・五〉

じょ‐し〔ヂヨ‐〕【女子】

おんなのこ。むすめ。⇔男子
女性。おんな。「女子学生」「女子ゴルフ」⇔男子

にょ‐し【女子】

じょし」に同じ。
「恋愛にうみたるあくびは―の天性」〈独歩・牛肉と馬鈴薯

め‐こ【女子】

女の子。じょし。
「さべき人の―、皆宮仕へに出ではてぬ」〈栄花・つぼみ花〉

め‐な‐ご【女子/女児】

おんなの子。娘。
「上(かみ)に姉、下京に妹をもってござる。両方に―がござる」〈狂言記・粟田口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おなご【女子】

〔「おんなご」の転〕
女の人。女性。婦人。
女の子。女児。
召し使いの女。女中。はしため。 〔古風な言い方。多く、関西でいう〕

おみなご【女子】

〔古くは「おみなこ」〕
女の子。若い女性。

おんなご【女子】

女の子。幼女。女児。 「京にて生まれたりし-、国にてにはかに失せにしかば/土左」
若い女。おなご。女。 「 -ども呼びて床をとらせ/浮世草子・諸艶大鑑 5

じょし【女子】

おんなの子。むすめ。
おんな。女性。婦人。 「 -校」
▽⇔ 男子

にょし【女子】

めこ【女子】

女の子。女子。 「さべき人の-皆宮仕へに出ではてぬ/栄花 つぼみ花
女性の性器をいう隠語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

女子の関連キーワードアイシン・エィ・ダブリュ・ウィングストヨタ紡織サンシャインラビッツトヨタ自動車アンテロープス日立ハイテククーガーズ富士通レッドウェーブシャンソンVマジック三菱電機コアラーズ山梨クィーンビーズエバラヴィッキーズ女子生徒と高校野球お茶の水女子大学東京女子体育大学meijiカップカトリン ドーレデンソーアイリスビッグブルー東京JALラビッツLPGAツアー加瀬谷 みゆき聖心女子大学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女子の関連情報