女子(読み)じょし

精選版 日本国語大辞典「女子」の解説

じょ‐し ヂョ‥【女子】

① おんなのこ。むすめ。にょし。
※小学教授書(1873)〈文部省〉「彼女子は針仕事を能く致しますか。彼れは針仕事を上手に致します」
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉春「雛すゑて天下の女子や春を知る」 〔詩経‐邶風・泉水
② おんな。婦人。婦女。女性
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一〇「女子の寄書あらんことを憚り」
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉女に口髯なき理由「男子にのみ鬚髯(ひげ)があって女子(ヂョシ)に其鬚髯が無いのは如何いふワケであるか」 〔詩経‐鄘風・載馳〕

め‐の‐こ【女子】

〘名〙
① おんな。おみな。⇔男子(おのこ)
書紀(720)継体元年三月(前田本訓)「女(メノコ)年に当りて績(をう)まざること有るは」
② おんなの子ども。⇔男子(おのこ)
※書紀(720)皇極三年一一月(岩崎本院政期訓)「男(をとこ)(メノコ)を呼(よ)ひて王子(みこ)と曰ふ」
※読本・春雨物語(1808)宮本が塚「めの子はははにつく者也」

おんな‐ご をんな‥【女子】

〘名〙
① 女の子供。幼女。女児息女。⇔男子子(おのこご)
※土左(935頃)承平四年一二月二七日「京にて生まれたりしをんなご、国にて、にはかにうせにしかば」
② 若い女性。女子。また、婦人。女。⇔男子子(おのこご)
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)四「南印度に女(ヲムナコ)有り。隣国に娉せらる」

にょ‐し【女子】

〘名〙
① 女の子。むすめ。また、女性。じょし。
※春曙抄本枕(10C終)二五「はかせのうちつづきにょしうませたる」
② (「女姿」とも書く) 和船の船首材、水押(みよし)の別称。
※鯨船飛脚船艀共寸法帳(1751‐64)「乗方悪敷候に付、女子みしかくして航延申事也」

めっ‐こ【女子】

〘名〙 (「めこ(女子)」の変化した語) 若い女性。めこ。
※落語・御船の戦争(1899)〈六代目桂文治〉「女々(めめ)しきことを申す奴、承諾いたさん〈略〉女子(メッコ)は嫌ひぢゃ」

おみな‐ご をみな‥【女子】

〘名〙 女児。また、一般に女性のこと。
※書紀(720)雄略元年三月(図書寮本訓)「麗(かほよ)きかな、女子(ヲミナコ)

なご【女子】

〘名〙 女。。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「女子」の解説

おな‐ご〔をな‐〕【女子】

《「おんなご」の音変化》
女。女性。
女の子供。女の子。
女中。下女。
「高島屋の―に呼びかけられて」〈一代男・七〉
[補説]現在、多く東北地方や関西で使われる。
[類語]少女女性女子婦女婦女子おみなたおやめあま女史婦人女人じょじん・にょにんウーマン女の子小娘童女どうじょ乙女おとめ乙女子おとめごガールギャルコギャルヤングミセスヤンママお嬢さん早乙女生娘おぼこ処女女児子女

おんな‐ご〔をんな‐〕【女子】

女児。息女。
「京にてうまれたりし―」〈土佐
若い女性。女。おなご。
「―ども呼びて床をとらせ」〈浮・諸艶大鑑・五〉

め‐な‐ご【女子/女児】

おんなの子。娘。
かみに姉、下京に妹をもってござる。両方に―がござる」〈狂言記・粟田口

おみな‐ご〔をみな‐〕【女子】

《古くは「おみなこ」》女児。また、一般に女性のこと。
「遂に―を生めり」〈雄略紀〉

じょ‐し〔ヂヨ‐〕【女子】

おんなのこ。むすめ。⇔男子
女性。おんな。「女子学生」「女子ゴルフ」⇔男子
[類語](1女の子女児少女乙女子女ガールギャル小娘童女どうじょ乙女子おとめご女子おなごコギャルヤングミセスヤンママお嬢さん早乙女生娘おぼこ処女/(2女性婦人婦女婦女子ウーマンあまおなご女史

にょ‐し【女子】

じょし」に同じ。
「恋愛にうみたるあくびは―の天性」〈独歩・牛肉と馬鈴薯〉

め‐こ【女子】

女の子。じょし。
「さべき人の―、皆宮仕へに出ではてぬ」〈栄花・つぼみ花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「女子」の解説

【女子】じよ(ぢよ)し

むすめ。〔礼記、曲礼上〕女子、許嫁して纓(えい)すれば、大故るに非ざれば、其のに入らず、~に嫁して(かへ)れば、兄弟與(とも)に席を同じうして坐せず。

字通「女」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android