コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錨泊 ビョウハク

2件 の用語解説(錨泊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びょう‐はく〔ベウ‐〕【×錨泊】

[名](スル)船がいかりをおろして1か所にとどまること。碇泊(ていはく)。「湾内に錨泊している船」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の錨泊の言及

【係留】より

…また船上の施設(係船設備)としては,係留用の索や鎖を巻くウィンドラスやウィンチのほか,鎖や索を導いたり船上に固定するためのフェアリーダー,ボラード,ビットなどの設備がある。
[船の係留方法]
 船においては係留という用語は狭義に用いられ,錨(いかり)を用いてつなぎとめる錨泊(びようはく)と区別している。(1)係留 船で係留という場合は索や鎖により大地もしくは大地固定物である岸壁,係船杭,桟橋などの施設に船を直接につなぎとめたり,あるいはそれ自体が錨や錘(おもり)あるいは索や鎖により係留されている浮桟橋,係船浮標などの施設につなぎとめることをいい,このうち係船浮標に係留することを浮標係留,それ以外を係岸と呼ぶ。…

※「錨泊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錨泊の関連情報