鏡餠(読み)かがみもち

精選版 日本国語大辞典「鏡餠」の解説

かがみ‐もち【鏡餠】

〘名〙 円形で平らな、の形のように作った餠。正月または祝いのときに大小二個を重ねて神仏に供える。かがみ。かがみのもち。かがみのもちい。かがみもちい。ぐそくもち。そなえもち。おそなえ。すわりもち。もちいかがみ。《季・新年》
※類聚雑要抄(室町)一「御歯固〈略〉置鏡餠上物。紅葉一枚、蘿蔔一株、押鮎一隻、三成橘一枝」
※浄瑠璃・近江源氏先陣館(1769)五「酒に勝った餠の徳、年のはじめも鏡餠」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android