コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐔鑿 ツバノミ

デジタル大辞泉の解説

つば‐のみ【××鑿】

柄の根元に近い部分につばをつけたのみ。大釘を木に打ち込むための釘穴をあけるのに用い、たたき込んでからつばを逆にたたき上げて抜く。主に船大工が用いた。釘差しのみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つばのみ【鐔鑿】

釘を木に打ち込むとき、前もって釘穴をあけるために打ち込む細いのみ。穂の根元に鐔を持ち、打ち込み後はそれを叩いて引き抜く。 →

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鐔鑿の関連キーワード

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android