コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長嘯子 チョウショウシ

世界大百科事典内の長嘯子の言及

【木下長嘯子】より

…江戸前期の歌人。名は勝俊。別号挙白人。父は木下肥後守家定。豊臣秀吉の北政所は伯母。若狭守となり小浜城に入る。左近衛権少将。関ヶ原の戦後はみずから隠居して京都東山の霊山などに住み,松永貞徳,九条道房などの儒家,縉紳と交わった。和歌は細川幽斎に学ぶ。堂上二条派の伝統にとらわれず,自由闊達な歌風。近世初頭武士の典型的隠者である。家集《挙白(きよはく)集》,紀行文《九州のみちの記》がある。【柳瀬 万里】…

※「長嘯子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長嘯子の関連キーワード松花堂およびその跡国学(学問、学派)山本春正(初代)山本春正(5代)木下長嘯子佐川田昌俊下河辺長流小早川秀秋嵯峨日記江村専斎木下俊忠幻住庵記野村尚房松永貞徳山本春正木下家定細川幽斎打它公軌木下勝俊木下氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android