長宗我部(読み)チョウソカベ

  • ちょうそかべ チャウそかべ
  • ちょうそかべ〔チヤウそかべ〕
  • 長宗我部/長曽我部

大辞林 第三版の解説

姓氏の一。中世の土佐国の豪族、戦国大名。秦の始皇帝の後裔こうえい秦河勝はたのかわかつの末裔とも伝える。平安末から鎌倉初期、土佐国長岡郡宗部郷に移ったことに始まる。元親の代に土佐、次いで四国を平定して後に秀吉に服す。その子盛親は関ヶ原戦後所領を没収され、大坂の陣で滅亡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長宗我部の関連情報