コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長宗我部/長曽我部 チョウソカベ

大辞林 第三版の解説

ちょうそかべ【長宗我部】

姓氏の一。中世の土佐国の豪族、戦国大名。秦の始皇帝の後裔こうえい秦河勝はたのかわかつの末裔とも伝える。平安末から鎌倉初期、土佐国長岡郡宗部郷に移ったことに始まる。元親の代に土佐、次いで四国を平定して後に秀吉に服す。その子盛親は関ヶ原戦後所領を没収され、大坂の陣で滅亡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

長宗我部/長曽我部の関連キーワード大分県佐伯市鶴見羽出浦大分県佐伯市鶴見梶寄浦長宗我部元親百箇条大分県大分市上戸次高知県高知市長浜剣舞(けんぶ)長宗我部地検帳長浜(高知市)河野通直(1)土佐国蠧簡集長宗我部元親高石左馬之助香宗我部氏不破八幡宮一木権兵衛長宗我部氏岡豊城跡四国征伐下元興宣戦国大名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android