門の神(読み)かどのかみ

大辞林 第三版の解説

かどのかみ【門の神】

門や戸口を守る神。古事記神話の天岩戸別神あまのいわとわけのかみなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かど【門】 の 神(かみ)

家の門を守護する神。かどもりのかみ。
※古事記(712)上「天石戸別神、亦の名は櫛石窻神と謂ひ、亦の名は豊石窻神と謂ふ。此の神は御門之神(みかどのかみ)ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android