コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御門/帝 ミカド

1件 の用語解説(御門/帝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐かど【御門/帝】

《「門(かど)」の尊敬語》
天子・天皇の位。また、天皇の尊称。
門。特に、皇居の門。
「一日(ひとひ)には千度(ちたび)参りし東(ひむがし)の大き―を入りかてぬかも」〈・一八六〉
御殿。特に、皇居。
「ひさかたの天見るごとく仰ぎ見し皇子(みこ)の―の荒れまく惜しも」〈・一六八〉
天子が政治を行うところ。朝廷。
「万代(よろづよ)にいまし給ひて天の下奏し給はね―去らずて」〈・八七九〉
天子・天皇が治める国土・国家。
「唐土(もろこし)にもわが―にも」〈・須磨〉
[補説]作品名別項。→ミカド

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御門/帝の言及

【天皇】より

… 江戸時代の禁裏料所は当初1万石余,中期に3万石余で,天皇,公家の立場は幕府のきびしい規制の下にごく限定されたものであり,その儀礼的な役割も形式的,名目的にとどまった。ただ,真継(まつぎ)家が鋳物師,土御門(つちみかど)家が陰陽(おんみよう)師,吉田家が神職に許状を与え,久我(こが)家が当道(とうどう)座を支配したように,職人,芸能民と公家との関係は,江戸時代を通じて保たれ,その経済を多少とも支えつづけた。しかも江戸後期,公家はそれをさらに積極的に拡大しようとした形跡があり,その実態と意義を探ることは,今後の研究に残されている。…

※「御門/帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御門/帝の関連キーワード仰せられる食す御勧め御世話聞こし食す聞こし召す聞こす見す召される御幾つ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone