コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御門/帝 ミカド

デジタル大辞泉の解説

み‐かど【御門/帝】

《「門(かど)」の尊敬語》
天子・天皇の位。また、天皇の尊称。
門。特に、皇居の門。
「一日(ひとひ)には千度(ちたび)参りし東(ひむがし)の大き―を入りかてぬかも」〈・一八六〉
御殿。特に、皇居。
「ひさかたの天見るごとく仰ぎ見し皇子(みこ)の―の荒れまく惜しも」〈・一六八〉
天子が政治を行うところ。朝廷。
「万代(よろづよ)にいまし給ひて天の下奏し給はね―去らずて」〈・八七九〉
天子・天皇が治める国土・国家。
「唐土(もろこし)にもわが―にも」〈・須磨〉
[補説]作品名別項。→ミカド

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の御門/帝の言及

【天皇】より

… 江戸時代の禁裏料所は当初1万石余,中期に3万石余で,天皇,公家の立場は幕府のきびしい規制の下にごく限定されたものであり,その儀礼的な役割も形式的,名目的にとどまった。ただ,真継(まつぎ)家が鋳物師,土御門(つちみかど)家が陰陽(おんみよう)師,吉田家が神職に許状を与え,久我(こが)家が当道(とうどう)座を支配したように,職人,芸能民と公家との関係は,江戸時代を通じて保たれ,その経済を多少とも支えつづけた。しかも江戸後期,公家はそれをさらに積極的に拡大しようとした形跡があり,その実態と意義を探ることは,今後の研究に残されている。…

※「御門/帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御門/帝の関連キーワード東京都武蔵野市八幡町大炊御門経光大炊御門家信旋風・辻風竹屋町通り大炊御門殿禍言・禍事装束の家うすすく茂みさぶ真木割く禁門の変だいなし藤原経宗中重鳥居安嘉門内の重弥立つ門違い藻壁門

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android