コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開拓団 カイタクダン

デジタル大辞泉の解説

かいたく‐だん【開拓団】

未開発の土地に入植してその土地の開拓を組織的に行う農業移民団。
満蒙(まんもう)開拓団

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の開拓団の言及

【満蒙開拓】より

…同時に昭和恐慌による農村の疲弊を救済し,国内の社会矛盾の激発を予防するための土地・人口調整策でもあった。したがって移民はおもに耕地の少ない山村地帯の二・三男層から選ばれ,開拓団という特殊な武装集団をつくって入植し,絶えず軍事訓練を受けた。開拓団は戸数の規模によって集団(200~300戸),集合(50戸前後),分散(それ以下)の三つに区分され,府県,郡,町村などの地縁関係で編成された。…

※「開拓団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開拓団の関連キーワード満州国と満蒙開拓団・青少年義勇軍葉山嘉樹(1894~1945)満蒙開拓団と青少年義勇軍中国残留日本人孤児・婦人豊村満州開拓団の集団自決満蒙開拓青少年義勇軍旧東仙道村の開拓団中国残留日本人孤児満州開拓団と島根県旧満州への移民政策大日向村の分村移民旧満州への開拓移民戦時下の加害行為中国残留孤児問題バウンティフルフリーマントル増田 美恵女満州開拓移民中国残留婦人中国残留邦人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開拓団の関連情報