コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満蒙開拓団 マンモウカイタクダン

3件 の用語解説(満蒙開拓団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まんもう‐かいたくだん【満×蒙開拓団】

満州事変後、日本が満蒙地区に送りこんだ農業移民団。昭和7年(1932)に第一次移民が送り出され、昭和20年(1945)敗戦時には約32万人がいたといわれる。多くがソ連・満州国境地帯に入植し、中国人・朝鮮人の既耕地を収奪する結果となった。第二次大戦敗戦直前、ソ連の対日参戦で関東軍から置き去りにされ、多大な犠牲者を出した。満州農業移民。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

満蒙開拓団

日本は満州を、戦争遂行のための物資の供給基地と位置づけていた。1936(昭和11)年には生産の担い手として計100万戸の農家を送る計画を決定。約27万人が海を渡った。終戦前のソ連侵攻直後、約70万人の関東軍は撤退。置き去りにされた約8万人の命が失われ、子どもたちが取り残された中国残留孤児の悲劇が起きた。

(2015-08-11 朝日新聞 朝刊 福島中会・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まんもうかいたくだん【満蒙開拓団】

満州事変後、日本が満州・内蒙古などに行なった農業移民団。農業を中心とする国内の諸矛盾解決、満州国の治安維持、対ソ戦備など国策的な性格を帯びていた。移民は武装し組織的な軍事訓練を受けた。ソ連の参戦により壊滅的な打撃を受け、多くの犠牲者を出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満蒙開拓団の関連キーワード張景惠天羽声明抗日運動宣統帝日本的キリスト教満州事変アジア太平洋戦争国策会社満州開拓団満州開拓団と島根県

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

満蒙開拓団の関連情報