コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開放循環系 かいほうじゅんかんけい

1件 の用語解説(開放循環系の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かいほうじゅんかんけい【開放循環系】

節足動物・軟体動物などに見られる血液循環の一型。毛細血管を欠き、血管系は末端が開放され、動脈中の血液はいったん組織間へ流れ出てから静脈に集まる。開放血管系。 ↔ 閉鎖循環系

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の開放循環系の言及

【血管系】より

…ゴカイの循環系のうち,血管と呼ばれる脈管構造をとるのはその一部で,真体腔内に広がる循環路の部分のみである。このような非連続的な血管系は開放循環系(または開放血管系)と呼ばれる。 血管の主管である背側血管の壁には,体腔上皮に由来する筋層が発達し,その収縮による背側血管の蠕動(ぜんどう)運動によって血液は後方から前方に流れ循環する。…

※「開放循環系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone