コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関立志 せき りゅうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関立志 せき-りゅうし

?-? 江戸時代中期の俳人。
江戸の人。4代立志(浅見立志)の門人で,5代をつぐ。宝暦11年(1761)随筆「腐〓(“糸へん”に「覓」)(ふべき)集」をあらわした。別号に大中庵,青松庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone