門人(読み)もんじん

精選版 日本国語大辞典「門人」の解説

もん‐じん【門人】

〘名〙 師の門下にある人。弟子門弟門下生門生
※菅家文草(900頃)二・喜田少府罷官帰京「若不忘曾入一レ室 殷勤存慰我家君 門人雖多、用意異昔。故嘱之」
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)四「多く門人(モンジン)に筆をとらして、自作の草紙まれなれば」 〔論語‐述而〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「門人」の解説

【門人】もんじん

門下の人。〔漢学師承記、二、恵周古人、親しく業を受けたるを弟子とし、轉(うた)た相ひ授くるを門人とす。

字通「門」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android