防長四白(読み)ぼうちょうよんぱく

防府市歴史用語集の解説

防長四白

 江戸時代の萩藩の主な産物のことを指します。米・紙・塩・ろうの4つを言い、どれも白いことからこう呼ばれます。また、米・紙・塩だけで防長三白[ぼうちょうさんぱく]とも呼ばれます。どれも全国の市場に出され、萩藩の収入源になっていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典内の防長四白の言及

【長門国】より

…瀬戸崎・通(かよい)(長門市),黄波戸(きわど)(日置町),立石・川尻(油谷町)の各浦で鯨組が漁獲を競った。防長四白(米,紙,塩,蠟)の一つ櫨蠟(はぜろう)は長門国の重要な産物であった。1703年(元禄16)以後長州藩は櫨実の他国売りを禁止するとともに,領内の蠟屋で蠟燭(ろうそく)を製造させ,それを大坂で売って藩の財源とした。…

※「防長四白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android