コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防長四白 ぼうちょうよんぱく

防府市歴史用語集の解説

防長四白

 江戸時代の萩藩の主な産物のことを指します。米・紙・塩・ろうの4つを言い、どれも白いことからこう呼ばれます。また、米・紙・塩だけで防長三白[ぼうちょうさんぱく]とも呼ばれます。どれも全国の市場に出され、萩藩の収入源になっていました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典内の防長四白の言及

【長門国】より

…瀬戸崎・通(かよい)(長門市),黄波戸(きわど)(日置町),立石・川尻(油谷町)の各浦で鯨組が漁獲を競った。防長四白(米,紙,塩,蠟)の一つ櫨蠟(はぜろう)は長門国の重要な産物であった。1703年(元禄16)以後長州藩は櫨実の他国売りを禁止するとともに,領内の蠟屋で蠟燭(ろうそく)を製造させ,それを大坂で売って藩の財源とした。…

※「防長四白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone