産物(読み)さんぶつ

精選版 日本国語大辞典「産物」の解説

さん‐ぶつ【産物】

〘名〙
① その土地から出する物。
※本朝画史(1678)下「南都墨、蓋和州之産物也」
※人情本・恋の若竹(1833‐39)下「赤城山の産物(サンブツ)を積出し、真坂屋へ送りて、商売したりけるに」 〔曹植‐文帝〕
② (比喩的に用いて) 時代や環境から生みだされるもの。ある物事の結果として得られるもの。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉五「社会は烈しく揺(うご)きつつある。社会の産物たる文芸もまた揺きつつある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「産物」の解説

【産物】さんぶつ

ものを生ずる。〔論衡、感虚〕は氣を施すことをとし、地は物をすることをとす。實のすべきるは、皆地の生ずるなり。

字通「産」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android