産物(読み)サンブツ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぶつ【産物】

その土地で産する物品。
あることが背景となってうみ出されたもの。「長年にわたる研究の産物」「時代の産物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぶつ【産物】

その土地に産する品物。 「この地方の-」
あることの結果として生み出されたもの。 「長年の共同研究の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐ぶつ【産物】

〘名〙
① その土地から産出する物。
※本朝画史(1678)下「南都墨、蓋和州之産物也」
※人情本・恋の若竹(1833‐39)下「赤城山の産物(サンブツ)を積出し、真坂屋へ送りて、商売したりけるに」 〔曹植‐文帝〕
② (比喩的に用いて) 時代や環境から生みだされるもの。ある物事の結果として得られるもの。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉五「社会は烈しく揺(うご)きつつある。社会の産物たる文芸もまた揺きつつある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産物の関連情報