萩藩(読み)はぎはん

百科事典マイペディアの解説

萩藩【はぎはん】

長門(ながと)国萩に藩庁を置いた外様藩。長州藩毛利藩とも。1863年藩庁を周防(すおう)山口に移し,以後山口藩ともいう。表高は36万9400余石,明治初年の実高は98万8000石。藩主毛利氏は戦国大名として安芸国を中心に中国地方8ヵ国120万石を領有していたが,関ヶ原の戦後徳川氏によって長門・周防の2ヵ国に封じられ,以後この2ヵ国を領知として明治に至る。支藩は多少の変化はあるが長府毛利氏5万石,徳山毛利氏4万石余,清末毛利氏1万石,および岩国領(岩国吉川家)6万石からなる。家臣団は一門6家,永代家老家,寄組などの上層家臣と馬廻組,船手組などによって編成された。藩内は行政区として郡に相当する18の宰判(さいばん)(裁判とも)に分けて支配した。1840年,村田清風らの藩政改革で財政再建に成功,幕末尊王攘夷運動鹿児島藩と並んで主導的役割を果たした。→長州征伐馬関戦争藩閥政治薩長同盟
→関連項目イギリス公使館焼打事件恵美須ヶ鼻造船所跡大板山たたら製鉄遺跡周防国長門国萩反射炉萩藩閥閲録防長風土注進案明倫館山県有朋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

萩藩

 江戸時代に毛利氏の本家が直接おさめた藩です。本家のいる萩藩のほかに、4つの小さな藩(支藩[しはん])があり、それぞれに一門[いちもん]がおさめていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典内の萩藩の言及

【長州藩】より

…江戸時代,周防国,長門国(ともに山口県)を藩領とした外様藩。萩藩,毛利藩,山口藩などともいう。表高は36万9411石余だが,明治初年の実高は98万8000石余とされる。…

※「萩藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萩藩の関連情報