コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武松(おうのまつ)

デジタル大辞泉プラスの解説

阿武松(おうのまつ)

古典落語の演目のひとつ。六代目三遊亭圓生が得意とした。主な登場人物は、相撲取り

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

阿武松(おうのまつ)の関連キーワード木村 庄之助(24代目)木村庄之助(24代)高砂浦五郎(初代)三遊亭金馬(4代)阿武松緑之助小野川喜三郎阿武松 広生6月27日落語の演題稲妻雷五郎小柳平助古典落語小柳常吉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿武松(おうのまつ)の関連情報