コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波島 あわしま

1件 の用語解説(阿波島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

阿波島(あばしま)

広島県竹原市、高崎町沖に位置する無人島。周辺はスナメリクジラの廻遊区域で、国の天然記念物に指定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿波島の言及

【スナメリ(砂滑)】より

…沿岸性の小魚,イカ,カニなどを食し,1~3頭の小群で生活するが,ときには多くの群れが集まる。広島県阿波島の南はこの種の群生地で,スナメリに追われたイカナゴ(コウナゴ)を目がけて海底からタイが浮上し,釣りやすくなると信じられ,島の南端1.5kmの群生地は天然記念物に指定されている。日本各地の個体群は海洋汚染や沿岸環境の破壊,漁業による混獲などの脅威にさらされている。…

※「阿波島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone