周辺(読み)しゅうへん

精選版 日本国語大辞典「周辺」の解説

しゅう‐へん シウ‥【周辺】

〘名〙
① 物のまわり。めぐり。また、あるものを中心とした、その付近。
※遠西観象図説(1823)上「地球の周辺に、朔より卅に至るの日名を記すは、月の所在を示す」
数学で、多角形のような閉じた図形の外形を囲む曲線または折線をいう。周。周囲。
※小学教授書(1873)〈文部省〉「線及び度の図〈略〉直径 半径 周辺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「周辺」の解説

しゅう‐へん〔シウ‐〕【周辺】

あるもののまわり。あるものをとりまく部分。「都市の周辺
ある物事に隣接して、それと関連をもっている物事。「周辺の事情を考慮する」
数学で、円または多角形の外側の線。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「周辺」の解説

周辺

中心」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内の周辺の言及

【近代世界システム論】より

…すべての国や地域が,大きなタイム・ラグを含みつつ,いずれは封建社会から近代資本主義社会へ移行していく,とする単一の発展段階論を前提とする一国史観とは逆に,大航海時代以後の世界は,銀などの貨幣素材,砂糖,茶,ゴム,石油などの換金作物・製品などの大規模な分業システムとして成立している。システムの内部は,自由な賃金労働を主体とする〈中核〉地域と,歴史的にいえば何らかの〈強制〉労働が中心となった〈周辺〉,およびその中間としての〈半周辺〉などに機能分化している。16世紀の成立期には,西欧が中核,再版農奴制の東欧やエンコミエンダや奴隷制のラテン・アメリカが周辺,折半小作制の南欧が半周辺を構成した。…

※「周辺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android