コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然記念物 てんねんきねんぶつ natural monument

7件 の用語解説(天然記念物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然記念物
てんねんきねんぶつ
natural monument

法律の指定を受けて保護がはかられている動物,植物,地質・鉱物および「保護すべき天然記念物に富んだ代表的一定の区域」のうち,特に価値が高いもの。日本では,1919年に史蹟名勝天然記念物保存法が発布されて学術上貴重な自然の保護が行われるようになり,51年からは文化財保護委員会が示した規準に従い,保存事業が進められてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

天然記念物

文化財保護法で「学術上貴重で、わが国の自然を記念するもの」を指定する。動物、植物、地質鉱物、天然保護区域の4分野で現在980件。うち「世界的にまた国家的に価値が特に高いもの」75件は、特別天然記念物に指定。自然史上、価値のあるもののほか「心象風景を語るうえで欠かせない」など文化史的な意義も重視される。指定されると調査や増殖に補助金が出る。

(2009-02-08 朝日新聞 朝刊 朝刊文化)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐きねんぶつ【天然記念物】

学術上価値の高い動物・植物・地質鉱物、およびそれらの存在する地域で、その保護・保存を指定されているもの。文化財保護法によるほか、地方公共団体条例によっても定められる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天然記念物【てんねんきねんぶつ】

文化財保護法によって指定される記念物のうち,学術上貴重で,日本の自然を記念する動物,植物,地質鉱物。日本特有の動物で著名なものおよびその生息地,保存を必要とするものおよびその生息地,名木,巨木,栽培植物の原木,代表的な原始林,代表的高山植物帯,代表的な原野植物群落,著しい植物分布の限界地,珍奇または絶滅に瀕(ひん)した植物の自生地,岩石・鉱物および化石の産出状態,地層の整合および不整合,地層断層など地塊運動に関する現象,風化および浸食に関する現象,氷雪霜の営力による現象など。
→関連項目樹木医文化財

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てんねんきねんぶつ【天然記念物 natural monument】

自然物または自然の所産で,一つの国やある地方に固有独特のもの。とくに,その国土または郷土だけにみられる動物,植物,地形地質やその集合体,あるいはその存在や生息の領域などのうち,その地域の特徴となって科学的,景観的,歴史的に価値が高いと認められ,その保存,保護を国や自治体から指定されたもの。 天然記念物ということばを初めて用いたのはA.vonフンボルトであるという。フンボルトは1799年から1804年にかけて赤道アメリカの各地を探検して歩いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんねんきねんぶつ【天然記念物】

文化財保護法に基づいて指定された、学術上価値の高い動植物・地質・鉱物など。また、地方公共団体の条例によって指定されたものも含む。オジロワシ、埼玉県牛島のフジ、秋芳洞など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天然記念物
てんねんきねんぶつ

広義には日本の自然を理解するうえで欠くことのできない自然および自然現象をいい、狭義には文化財保護法によって指定された動物、植物、地質鉱物などをさす。同法では、動物(生息地、繁殖地および渡来地を含む)、植物(自生地を含む)、および地質鉱物(特異な自然の現象を生じている土地を含む)などで、日本にとって学術上価値の高いものを文化財と定義し、その重要なものを指定基準に基づいて天然記念物としている。また、そのうち世界的にまた国家的に価値がとくに高いものを特別天然記念物に指定している。法令上の天然記念物には、文化財保護法に基づいて指定された狭義の天然記念物のほか、地方公共団体の条例によって指定された都道府県および市町村指定天然記念物がある。地方公共団体指定の天然記念物は、通常は天然記念物とはいわず「○○県指定天然記念物」のように表示している。「天然記念物」ということばは、ドイツ語のNaturdenkmalを明治時代末期に訳したものであるが、当時はまだ「自然」ということばを一般には使わず、「天然、天理、造化」といっていたためにこの訳が生まれた。英語訳はnatural monumentであるが、アメリカ合衆国では保護制度上「国家記念物」national monumentといい、文化的記念物も含んでいる。[品田 穣]

歴史

天然記念物(前述のドイツ語Naturdenkmal)の語は、1800年にドイツのフンボルトA. v. Humboldtが南アメリカを旅行した際に、1本の巨大な木をさして初めて使っている(『新大陸の熱帯地方紀行』)。しかし、ことばとしての定着をみたのは、農牧時代とは異質の自然破壊が累積してきた19世紀後半になってからである。自然の保護が問題になってきたのは、イギリス、アメリカ、ドイツの先進三国がほぼ同時期であるが、そのなかでもプロイセン(現在のドイツ)がもっとも早く、ここでは郷土愛のシンボルとして天然記念物の保護が叫ばれた。1906年に発足した「プロイセン天然記念物保護管理国立研究所」の活動原則第2条によると「天然記念物とは、とくに特色ある郷土の自然物をいう。とりわけ土地の風景の一部であれ、大地の様相であれ、動植物の類であれ、その本来の場所に存在するものをいう」としている。
 日本では20世紀の初め、日露戦争前後のナショナリズムの高まりと、重工業を中心とした産業の発展、それに伴う道路・鉄道などの産業基盤整備の段階での都市近郊の自然破壊を背景に、ドイツの天然記念物保護運動に刺激されて発生した。1907年(明治40)東京帝国大学教授の三好学(みよしまなぶ)(植物学)は雑誌に「天然記念物保存の必要竝(なら)びに其(その)保存策に就(つい)て」と題した一文を載せ、天然記念物の保存を訴えた。三好学らの提唱は、貴族院議員徳川頼倫(よりみち)らの支援を得て、1911年「史蹟(しせき)及天然記念物保存ニ関スル建議案」として国会に提出され、衆・貴両議院で可決された。その後、「史蹟名勝天然紀念物保存協會」が設立され、同協会が中心となった運動で世論を喚起し、1919年(大正8)に徳川頼倫ほか6人の発議による「史蹟名勝天然紀念物保存法」が国会で成立し、その保護法制が整った。その後同法は1950年(昭和25)、法隆寺金堂の焼失を契機に制定された文化財保護法に継承され、現在に至っている。[品田 穣]

近年の動向

第二次世界大戦後の自然破壊により、日本の自然は単純化してきたといわれる。このため、自然に依存している動植物は二つの方向に分かれて変化しつつある。一つは破壊により急速に衰減化する方向で、もう一つは単純化した自然に適応してときには爆発的に増加する方向である。後者はしばしば農作物被害を通して人間生活との軋轢(あつれき)を生み問題となることがあり、このため天然記念物の保護はとくに困難の度を加えつつある。また、自然の破壊の進展に対応して自然に対する社会的要請にも変化が生じている。かつてはどこにでもみられた天然林に文化財的価値が生じ、その保護に力が入れられているのはその一例である。
 指定された天然記念物については、文化財保護法第125条で、指定物件の現状の変更および保存に影響を及ぼす行為は文化庁長官の許可を要することとし、罰則も5年以下の懲役もしくは禁錮など、とこの種の文化法としては重い罰則を設けている。こうした規制のほか、保護・増殖や自然回復などの措置を講じている。[品田 穣]

おもな天然記念物

2014年(平成26)10月1日の時点で、国指定の天然記念物は1012件(うち特別天然記念物は75件)であり、種類別指定件数でみると、動物194件(うち特別天然記念物21件。以下同)、植物548件(30件)、地質鉱物247件(20件)、天然保護区域23件(4件)となっている。そのおもなものは次のとおりである。[品田 穣]
動物
日本固有種で著名なものには、たとえばアマミノクロウサギ、ヤマネ、アホウドリ、メグロ、オオサンショウウオなどがあり、固有ではないがタンチョウ、コウノトリなど日本周辺に分布が限られているものもよく知られる。また、貴重な生物群集として、鹿児島県のツルおよびその渡来地や数か所のゲンジボタル発生地、千葉県鯛ノ浦(たいのうら)のタイ生息地、岡山県笠岡(かさおか)のカブトガニ繁殖地などがある。このほか宮崎県都井岬(といみさき)の岬馬(御崎馬)およびその繁殖地、山口県萩(はぎ)市の見島(みしま)ウシ産地、土佐のオナガドリなどの家畜・家禽(かきん)やカササギ、シラコバトなどの帰化種も含まれている。[品田 穣]
植物
この分野では、日本古来の自然を示す原始林、たとえば住宅地の中に島のように残された札幌の円山(まるやま)原始林、藻岩(もいわ)原始林、奈良の春日山(かすがやま)原始林や、原始林がすでにみられない地域での社叢(しゃそう)のように原始林のおもかげを残すもの、たとえば暖帯林としてわずかに残った富山県の宮崎鹿島(かしま)樹叢などがある。特殊な立地のもとで発達した高山植物帯・湿原、特殊岩石地植物群落などでは、たとえば長野・新潟・富山県の白馬連山(しろうまれんざん)高山植物帯、長野県の霧ヶ峰湿原植物群落、愛知県の石巻山(いしまきさん)石灰岩地植物群落など失われつつある自然の断片として貴重なものがある。このほか、代表的な原野植物群落、海岸植生、洞穴に自生する植物群落、分布の北限や南限など生育限界を示すもの、また自然界の驚異を示す大木、奇木、珍木、並木などの指定も多い。[品田 穣]
地質・鉱物
この分野では、国土の歴史を示す証拠となるような地層の褶曲(しゅうきょく)や断層、特異な地層、たとえば1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震の際の根尾谷(ねおだに)断層(岐阜県)や、隆起・沈降現象を生々しく示す秋田県の象潟(きさかた)や神奈川県諸磯(もろいそ)の隆起海岸などがあるほか、地形を変える営力を示す侵食現象の代表的なものとして、岐阜県飛水峡(ひすいきょう)の甌穴(おうけつ)群、和歌山・三重・奈良県の瀞八丁(どろはっちょう)、新潟県の清津峡(きよつきょう)などがある。また、氷河遺跡として代表的なものに富山県薬師岳の圏谷(けんこく)群があり、大量の地下水が湧出(ゆうしゅつ)する静岡県白糸ノ滝などは水の循環を示すものの例で、石灰岩地形としては山口県の秋芳洞(あきよしどう)や秋吉台などがある。このほか、北海道の昭和新山などの火山や、岩石や鉱物の産地、さらに魚竜などの化石産地やエゾミカサリュウなどの標本も指定されている。
 以上の動物、植物、地質鉱物のほかに、それらを包括的に指定した天然保護区域があり、長野県の上高地、福島・群馬・新潟県の尾瀬、北海道の釧路(くしろ)湿原などが指定されている。[品田 穣]

絶滅と保護

天然記念物のなかには、すでに絶滅したものや、絶滅の危機に瀕(ひん)し保護の成果がまたれるものがある。それらは次のようである。[品田 穣]
絶滅した天然記念物
第二次世界大戦中にウシウマ(鹿児島)が絶滅し、このほかにキタタキ(対馬(つしま))が1923年(大正12)の指定当時から確認されず絶滅したとみられる。これらは指定を解除されている。また、ニホンカワウソも、1979年(昭和54)を最後に生息を確認できないことから、絶滅したものと考えられている。[品田 穣]
絶滅に瀕している天然記念物
トキ、コウノトリ、アホウドリなどである。1属1種の特産種トキ(野生絶滅)は国際保護鳥にも指定され、その回復は世界の注視の的である。コウノトリは兵庫県立コウノトリの郷公園(さとこうえん)を拠点とした野生復帰計画が進行中である。また、タンチョウは、一時二十数羽になったが、冬季の給餌(きゅうじ)に成功し、1952年北海道の調査で33羽だった観察数は、1980年代には300羽に達するまでに回復した。2012年(平成24)1月の調査では1143羽が観察されている。[品田 穣]
『文化財保護委員会編『特別史跡名勝天然記念物図録』(1963・第一法規出版) ▽児玉幸多・仲野浩編『文化財保護の実務』(1979・柏書房) ▽文化庁文化財保護部監修『天然記念物事典』(1981・第一法規出版) ▽文化庁編『史跡名勝天然記念物指定目録』(1984・第一法規出版) ▽加藤陸奥雄・沼田真・渡部景隆・畑正憲編『日本の天然記念物』全6巻(1984・講談社) ▽『自然紀行 日本の天然記念物』(2003・講談社) ▽増井光子・蒔田明史監修『日本の特別天然記念物――トキ、カワウソ、マリモ…自然の宝75』(2006・JTBパブリッシング)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天然記念物の言及

【自然保護】より

…いずれにしても,自然保護の概念は,現在の日本では未成熟で,著しく多様性をもつ概念であることを認めざるをえない。 明治以降,自然に対する人の社会の干渉に制約を加える制度は早くから作られてきており,そのおもなものとしては,自然公園法(1931年公布の国立公園法を継承して57年に公布)による国立公園・国定公園・公立公園,文化財保護法(1919年公布の史跡名勝天然記念物保存法等を統合して50年に公布)による天然記念物,鳥獣保護法(略称。1918公布。…

【文化財】より

…住居,衣服,食器などや,生業,信仰,年中行事,民俗芸能に用いる用具などの有形民俗文化財と,これらを行う習俗などの無形民俗文化財とに分けられる。自然文化財としては,天橋立や耶馬渓といった自然名勝と,動植物・鉱物その他の天然記念物がある。 これらと性質を異にする文化財に埋蔵文化財がある。…

【文化財保護法】より

…文部大臣は,〈有形文化財のうち重要なもの〉を重要文化財に,〈重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので,たぐいない国民の宝たるもの〉を国宝に指定することができる(27条)。また,文部大臣は,〈無形文化財のうち重要なもの〉を重要無形文化財に,〈有形の民俗文化財のうち特に重要なもの〉を重要有形民俗文化財に,〈無形の民俗文化財のうち特に重要なもの〉を重要無形民俗文化財に,〈記念物のうち重要なもの〉を史跡,名勝または天然記念物(〈史跡名勝天然記念物〉と総称する)に,かつ,〈史跡名勝天然記念物のうち特に重要なもの〉を特別史跡,特別名勝または特別天然記念物に,それぞれ指定することができる(特別史跡名勝天然記念物。56条の3,56条の10,69条)。…

※「天然記念物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天然記念物の関連キーワード文化財文化財保護法記念物史跡名勝天然記念物特別天然記念物特別名勝民俗文化財史跡文化財総合保険登録記念物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天然記念物の関連情報