コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階段手摺 カイダンテスリ

リフォーム用語集の解説

階段手摺

階段に設置された、歩く人が掴まる様に取り付けた柵、または柵の上に渡した横棒の事。歩行補助以外にも、落下防止などの機能もある。大体の場合、床から90cm程度の高さで設置される事が多い。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone