コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階隠し ハシカクシ

2件 の用語解説(階隠しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はし‐かくし【階隠し】

社殿や寝殿造りの殿舎で、正面の階段上に、柱を2本立てて突出させた庇(ひさし)。社殿の場合は向拝(ごはい・こうはい)ともいう。日隠し。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はしかくし【階隠し】

寝殿造りや神社本殿の正面入り口の階段をおおうように葺き下ろした庇ひさし。階段を雨から守り、輿こしや参詣人を寄せるためのもの。神社本殿のものは向拝こうはいともいう。日隠し。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone