社殿(読み)シャデン

大辞林 第三版の解説

しゃでん【社殿】

神社の、神体をまつっておく建物。また、神社の各種の殿舎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐でん【社殿】

〘名〙
① 本殿・拝殿・舞殿など、神社境内の主要な建物のこと。祭神を鎮祭する本殿をさすことが多い。
※九冊本宝物集(1179頃)五「五百りゃうの車をかざりて、社殿にまゐりてあはん」
② 歌舞伎囃子の一種。太鼓と小銅鑼(どら)の縁とを打ち合わせる。神社などの出入りや花見の混雑した情景の描写に用いる。壬生狂言の鰐口(わにぐち)の縄を引いて鳴らす音を模したもの。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「『まあまあ待って貰ふべい』ト誂のしゃでんの様な鳴物にて、皆々花道へかかる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社殿の関連情報