コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝殿造り しんでんづくり

2件 の用語解説(寝殿造りの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しんでんづくり【寝殿造り】

平安時代の貴族住宅の様式。南面した寝殿を中心として、東西北の三方にそれぞれ対の屋を置き、それらを渡殿とよぶ廊下で結ぶ。また、東西の対の屋から南の庭を隔てた池に向かって中門廊を、その先端には釣殿を設ける。敷地の四方には築地ついじを設けて、東西に門をつける。寝殿や対の屋の内部は板敷きで間仕切りはほとんどなく、周囲には蔀戸しとみどを吊る。 → 主殿造り書院造り

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

しんでんづくり【寝殿造り】

平安時代にできた都の貴族の住宅の様式。主人が居住する寝殿という建物を中心に、東西に渡殿(わたどの)という廊下で結ばれた対屋(たいのや)を、南には池のある大きな庭園を設けたもの。東西の対屋からは中門廊(ちゅうもんろう)が南に向かって伸び、中ほどに中門を、先端の池に臨む場所には釣殿(つりどの)を設けた。北側にも建物を設けることもあった。以上のような東西対称の配置を基本としたが、実際には非対称のものも多かった。柱は丸柱が主で、初期には天井がなく、屋根を支える骨組みが露出していた。床は板敷き、畳は人が座るところにのみ置かれた。部屋を区切る建具はほとんどなく、仕切りには御簾(みす)几帳(きちょう)を用いた。初期には塗籠(ぬりごめ)だけは独立した寝室として用いられたが、平安中期以降は母屋(もや)や北帳台(ちょうだい)を置いて寝所とした。敷地は1町(約120m)四方が標準的な大きさ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寝殿造りの関連キーワード書院造タウンハウス王朝時代染殿低層住宅和様童殿上小君大和絵住宅の品質確保の促進に関する法律

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寝殿造りの関連情報