コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正面 ショウメン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐めん〔シヤウ‐〕【正面】

物の前の面。建築物などの表の側。おもて。「正面から出入りする」「正面玄関」
正しく向き合っている方向。まっすぐ前。「正面を向く」「正面に見える建物」
物事にまともに対すること。避けたりしないで、直接立ち向かうこと。「問題に正面から取り組む」
相撲で、土俵の北側の席。→向こう正面
能舞台で、中央から前の目付(めつけ)柱と脇柱との間の所、およびその外縁の観客席。正(しょう)。→能舞台中正面脇正面

ま‐と‐も【正面/面】

[名・形動]《「真(ま)つ面(も)」の意》
まっすぐに向かい合うこと。正しく向かい合うこと。また、そのさま。真正面。「―に風を受ける」「―に相手の顔を見る」
策略や駆け引きをしないこと。また、そのさま。「―に戦ってはとても勝てない」
まじめなこと。正当であること。また、そのさま。「―な人間になりたい」「これは―な金だ」
[派生]まともさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうめん【正面】

物の表側の面。建物などの正式の側。 「ビルの-をタイル貼りにする」 「 -玄関」
まっすぐ前。互いに正しく向き合う方向。 「 -に富士山が見える」
能舞台の中央から前の部分。正しよう
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

正面の関連キーワード京都府京都市下京区山王町京都府京都市下京区植松町京都府京都市下京区丸屋町京都府京都市下京区鍵屋町京都府京都市下京区堺町神の正面仏のま尻エプロンステージ真向かい・真向い川崎フロンターレメーンテーブル御真向き様ファサード行司溜まり四方正面向け直す向い唐門ポータル向こう山向い合せ正面衝突

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正面の関連情報