コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隔ての関 ヘダテノセキ

1件 の用語解説(隔ての関の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へだて‐の‐せき【隔ての関】

間を隔てて関となっているもの。
「小さき山を、―に見せたれど」〈・胡蝶〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隔ての関の関連キーワード垣根磁気双極子中垣曳き山御簾を隔てて高座を覗く物越し懸隔てる靴を隔てて痒きを掻く直ぐと屏障

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone