胡蝶(読み)コチョウ

  • ×胡×蝶/×蝴×蝶
  • 〔長唄〕
  • こちょう〔テフ〕
  • 書名・曲名
  • 胡蝶/蝴蝶

デジタル大辞泉の解説

昆虫チョウ別名 春》「夕日影町半(まちなか)にとぶ―かな/其角
紋所の名。チョウの図案化したもの。
源氏物語第24帖の巻の名。貴公子たちが求愛する玉鬘(たまかずら)に養父源氏までが懸想するさまを描く。
胡蝶楽」の略。
謡曲。三番目物観世宝生金剛流。旅僧が梅を見ていると、胡蝶の精が現れ、梅花にだけ縁のないことを嘆くが、法華経功徳(くどく)の力で縁ができる。
長唄「鏡獅子」の舞踊に登場する役名。前段と後段の間のつなぎに二人で登場して舞い、また後段では獅子(しし)に絡む。
(蝴蝶)山田美妙の小説。明治22年(1889)発表。壇ノ浦を舞台に、平家方の女房蝴蝶と、源氏方の間諜(かんちょう)との悲劇を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。1914年、宝塚新温泉内パラダイス劇場にて行われた宝塚少女歌劇団養成会第一回公演で初演された。ダンス作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

(1)雅楽舞楽曲名高麗(こま)楽にふくまれ高麗壱越(いちこつ)調。四人舞の童舞(どうぶ)。胡蝶楽,蝶ともいう。番舞(つがいまい)は《迦陵頻》。仏教法会などで,2曲並んで舞われることも多い。4人の子供が山吹の花をつけた天冠をかぶり,《胡蝶》用の別装束(蝶の紋のついたと袍)を身にまとい,背中に蝶の羽をかたどったものを背負い,右手に山吹の花を持って舞う。かわいらしい舞姿の曲。平安時代,延喜8年(908)あるいは延喜6年ともいうが,宇多上皇が子供の相撲を見物したとき,藤原忠房(楽人)がこの曲を作曲,敦実(あつみ親王(宇多天皇の子,琵琶を弾き,雅楽に造詣が深い)が舞をつけたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胡蝶の関連情報