隠れ遊び(読み)カクレアソビ

デジタル大辞泉の解説

かくれ‐あそび【隠れ遊び】

人に隠れて遊興すること。
「おとといから廓(なか)へ引けこんで―をしているということを」〈魯文西洋道中膝栗毛
隠れん坊」に同じ。
「昔せし―になりなばや片隅もとに寄り伏せりつつ」〈聞書集〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくれあそび【隠れ遊び】

子供の遊戯の一。かくれんぼう。
人に隠れて遊興をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android