西洋道中膝栗毛(読み)セイヨウドウチュウヒザクリゲ

デジタル大辞泉の解説

せいようどうちゅうひざくりげ〔セイヤウダウチユウひざくりげ〕【西洋道中膝栗毛】

滑稽小説。15編30冊。仮名垣魯文作。12編以下は総生寛作。明治3~9年(1870~76)刊。「東海道中膝栗毛」をまねて、初代の弥次郎兵衛・北八と同名の孫がロンドンの博覧会を見物するまでを滑稽な道中記にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいようどうちゅうひざくりげ【西洋道中膝栗毛】

滑稽本。一五編三〇冊。1870(明治3)~76年刊。仮名垣魯文ろぶん作。一二編以下は総生寛(号、七杉子)作。福沢諭吉の「西洋事情」その他を下敷きにし、「東海道中膝栗毛」の趣向を模した作品。初代弥次郎兵衛・北八と同名の孫がロンドンの万国博覧会に行くというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいようどうちゅうひざくりげ セイヤウダウチュウひざくりげ【西洋道中膝栗毛】

滑稽小説。一五編三〇冊。仮名垣魯文作。一二~一五編は総生寛(ふそうかん)作。明治三~九年(一八七〇‐七六)成立。内容、形式ともに十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を模する。初代の孫の彌次郎兵衛、北八が横浜の商人の供をしてロンドンの博覧会見物に行く滑稽な道中記。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

西洋道中膝栗毛
〔富本, 竹本〕
せいよう どうちゅうひざくりげ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
仮名垣魯文
補作者
河竹新七(2代)
初演
明治5.7(東京・村山座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android