コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋道中膝栗毛 セイヨウドウチュウヒザクリゲ

2件 の用語解説(西洋道中膝栗毛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいようどうちゅうひざくりげ〔セイヤウダウチユウひざくりげ〕【西洋道中膝栗毛】

滑稽小説。15編30冊。仮名垣魯文作。12編以下は総生寛作。明治3~9年(1870~76)刊。「東海道中膝栗毛」をまねて、初代の弥次郎兵衛・北八と同名の孫がロンドンの博覧会を見物するまでを滑稽な道中記にしたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいようどうちゅうひざくりげ【西洋道中膝栗毛】

滑稽本。一五編三〇冊。1870(明治3)~76年刊。仮名垣魯文ろぶん作。一二編以下は総生寛(号、七杉子)作。福沢諭吉の「西洋事情」その他を下敷きにし、「東海道中膝栗毛」の趣向を模した作品。初代弥次郎兵衛・北八と同名の孫がロンドンの万国博覧会に行くというもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西洋道中膝栗毛の関連情報