西洋道中膝栗毛(読み)セイヨウドウチュウヒザクリゲ

デジタル大辞泉の解説

せいようどうちゅうひざくりげ〔セイヤウダウチユウひざくりげ〕【西洋道中膝栗毛】

滑稽小説。15編30冊。仮名垣魯文作。12編以下は総生寛作。明治3~9年(1870~76)刊。「東海道中膝栗毛」をまねて、初代弥次郎兵衛・北八と同名のロンドンの博覧会を見物するまでを滑稽な道中記にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せいようどうちゅうひざくりげ セイヤウダウチュウひざくりげ【西洋道中膝栗毛】

滑稽小説。一五編三〇冊。仮名垣魯文作。一二~一五編は総生寛(ふそうかん)作。明治三~九年(一八七〇‐七六)成立。内容、形式ともに十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を模する。初代の孫の彌次郎兵衛、北八が横浜の商人の供をしてロンドンの博覧会見物に行く滑稽な道中記。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

西洋道中膝栗毛
〔富本, 竹本〕
せいよう どうちゅうひざくりげ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
仮名垣魯文
補作者
河竹新七(2代)
初演
明治5.7(東京・村山座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報