コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁擬き ガンモドキ

デジタル大辞泉の解説

がん‐もどき【×擬き】

豆腐を崩して、細く切った野菜や昆布などを加え、油で揚げたもの。味が雁の肉に似るのでこの名がある。飛竜頭(ひりょうず)。がんも。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がんもどき【雁擬き】

〔ガンの肉の味に似て美味、の意〕
崩した豆腐に、刻んだゴボウ・ニンジン・アサの実・昆布などを加えて丸め、油で揚げたもの。古くは麩・こんにゃくなどを揚げたものを称した。飛竜頭ひりようず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報