コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁木梯子 ガンギバシゴ

デジタル大辞泉の解説

がんぎ‐ばしご【×雁木×梯子】

1本の木に踏み段を刻むか、横木を取りつけるかしたはしご。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がんぎばしご【雁木梯子】

一本の太い木材に踏み段を刻み出すか、太い棒に数本の横木をとりつけた梯子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雁木梯子の言及

【梯子】より

…昇降のための道具。代表的な形は2条の長い材の間に,足がかりの横木(踏子(ふみこ))を一定の間隔で取り付けたもので,これを対象に寄せかけて立て,昇降する。猿梯子とも呼ばれ,木製が多いが竹製,金属製などもある。梯子は古く〈はしのこ〉と呼ばれ,〈こ〉は木の葉(このは)などと同じく〈木〉の古形であり,〈はし〉は端,橋などと同根で,端と端の間に渡すという意味である。〈はしのこ〉は端と端の間に渡した横木を指したが,これがいつしか梯子全体を指すようになったと思われ,梯子を立てることを梯立(はしたて)ともいった。…

※「雁木梯子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雁木梯子の関連キーワード梯子

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android