コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波津の歌 なにわづのうた

大辞林 第三版の解説

なにわづのうた【難波津の歌】

王仁わにが詠んだと伝えられる「難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」の歌。古今集仮名序に、浅香山の歌とともに手習う人が初めに用いる歌とある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

難波津の歌の関連キーワード手習い詞難波津