コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪泥鴻爪(読み)セツデイコウソウ

デジタル大辞泉の解説

せつでい‐こうそう〔‐コウサウ〕【雪泥×爪】

蘇軾(そしょく)の詩による語。雪解けのぬかるみに残された鴻(おおとり)の爪(つめ)あとの意から》世間の出来事や人の行いなどが消えてしまって、跡かたのないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる