コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲華 うんげ

2件 の用語解説(雲華の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲華 うんげ

大含(だいがん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

雲華

没年:嘉永3.10.9(1850.11.12)
生年:安永2.4.1(1773.5.21)
江戸後期の真宗の僧。東本願寺学寮の講師で,詩文・書画にすぐれ蘭の絵で有名。豊後国(大分県)満徳寺生まれる。皆往院鳳嶺に才能を見いだされ,寛政3(1791)年養子となり豊前国(大分県)正行寺に入る。同年東本願寺の学寮に入り,文政2(1819)年擬講に,同4年嗣講に,天保5(1834)年講師に昇進した。弘化4(1847)年に能登(石川県)の異義者頓成の教諭に当たった。頼山陽や田能村竹田などと親交があった。著書は『帰名字訓講弁』『浄土論講義』など。<参考文献>『雲華講師年譜』『豊絵詩史』『大谷派学事史』

(草野顕之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲華の関連キーワード恵空易行院法海小栗栖香頂乗如上人諦浄宝如上人本願寺派撝謙深励宝景

雲華の関連情報