コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲華 うんげ

朝日日本歴史人物事典の解説

雲華

没年:嘉永3.10.9(1850.11.12)
生年:安永2.4.1(1773.5.21)
江戸後期の真宗の僧。東本願寺学寮の講師で,詩文・書画にすぐれ蘭の絵で有名。豊後国(大分県)満徳寺に生まれる。皆往院鳳嶺に才能を見いだされ,寛政3(1791)年養子となり豊前国(大分県)正行寺に入る。同年東本願寺の学寮に入り,文政2(1819)年擬講に,同4年嗣講に,天保5(1834)年講師に昇進した。弘化4(1847)年に能登(石川県)の異義者頓成の教諭に当たった。頼山陽や田能村竹田などと親交があった。著書は『帰名字訓講弁』『浄土論講義』など。<参考文献>『雲華講師年譜』『豊絵詩史』『大谷派学事史』

(草野顕之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

雲華 (うんげ)

生年月日:1773年4月1日
江戸時代後期の真宗の僧
1850年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

雲華の関連キーワード生年月日田中桐江南条神興智儼雲紙法蔵大含

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲華の関連情報