コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大含 だいがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大含 だいがん

1773-1850 江戸時代後期の僧。
安永2年4月1日生まれ。真宗大谷派。豊後(ぶんご)(大分県)満徳寺に生まれ,豊前(ぶぜん)古城(大分県)正行寺の鳳嶺の養子となり住持をつぐ。東本願寺高倉学寮でまなび,天保(てんぽう)5年講師(こうじ)。詩文,書画をよくし,頼山陽(らい-さんよう),田能村竹田(たのむら-ちくでん)らとまじわった。嘉永(かえい)3年10月9日死去。78歳。号は鴻雲,雲華。著作に「安楽集聴記」「雲華集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大含の関連キーワードケイ酸肥料(珪酸肥料)国立大学法人法案南条神興天鱗

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android