コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力化率 でんりょくかりつrate of electrification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電力化率
でんりょくかりつ
rate of electrification

1次エネルギー需要に占める発電に要したエネルギーの割合。エネルギー需要の電力シフト傾向を示す指標である。ただし,発電の際に相当量の発電ロスが生じるため,最終需要段階での電力利用割合を示すものではなく,1次エネルギー需要のうちの電力向けエネルギー投入の割合を示すものである。 1988年度では,1次エネルギー総需要は,原油換算4億 8100万klに対し,電力向けエネルギー投入は1億 7900万klで,電力化率は 37.3%である。今後,日本の電力化率は 40%以上にまで上昇するものと見込まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android