青下量水堰

デジタル大辞泉プラスの解説

宮城県仙台市青葉区の名取川水系青下川に建設された玉石貼りの小さなコンクリート製の堰。堤高2メートル。青下水源地最上流青下第3ダムから、さらに0.5キロメートルほど上流に位置する。青下川の常時の流水量を計量するために設置されたもの。1933年竣工。国の登録有形文化財

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android