上流(読み)じょうりゅう

精選版 日本国語大辞典「上流」の解説

じょう‐りゅう ジャウリウ【上流】

〘名〙
① 川の流れの源に近い部分。みなかみ。かわかみ。⇔下流
※日本外史(1827)一一「謙信分兵渡上流、出甲斐軍後
※新聞雑誌‐二三号・明治四年(1871)一二月「上流は巨石犖确(らくかく)水勢之が為に迸激(はうげき)し」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② 上の階級。社会的地位、経済力、教養などの高い階層。上流階級。⇔下流
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「元と此戦争の起る源因は、国内上流の士君子、売奴の旧悪習を悪み」 〔羅隠‐題方干詩〕

うわ‐ながし うは‥【上流】

〘名〙 家の内、床の上で用いる炊事用流し台。
※歌舞伎・盟三五大切(1825)大詰「勝手道具、炬燵櫓(こたつやぐら)、上流(ウハナガ)し、〈略〉その外、いろいろの道具を」

かみ‐りゅう ‥リウ【上流】

〘名〙 茶道の千家(せんけ)をいう。京都の上京(かみぎょう)家元がいたところからの名称で、下京の藪内家に対していう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上流」の解説

じょう‐りゅう〔ジヤウリウ〕【上流】

川の流れの、源に近い方。また、源に近い部分。かわかみ。⇔下流
社会的地位・生活程度などの高い階級。「上流家庭」⇔下流
[類語](1川上中流下流川下河口川口/(2上層

かみ‐りゅう〔‐リウ〕【上流】

茶道の流派で、京都の上京かみぎょうに住した千家流のこと。→下流しもりゅう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「上流」の解説

【上流】じようりゆう(じやうりう)

川上。〔左伝、襄十四年〕を濟(わた)りて(やど)る。秦人、の上に毒す。師人多く死す。~欒黶(らんえん)曰く、晉國の命に、未だ是れらざるなり。が馬首、東せんと欲すと。乃ち歸る。

字通「上」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の上流の言及

【藪内流】より

…藪内流は,京都西本願寺を背景に栄えたが,その茶法は書院風の古格を最もよく残している。千家が上京(かみぎよう)に屋敷を構えていたので,その茶道を上流(かみりゆう)と称するのに対し,下京(しもぎよう)に屋敷を持っていた藪内流の茶道は下流(しもりゆう)と称された。この屋敷は剣仲の子で2世真翁紹智(1580‐1655)が本願寺の良如上人の知遇を得て寺領の一部を拝領したものであり,ここに流儀の基礎が確立されたといってよい。…

※「上流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android