常時(読み)じょうじ

精選版 日本国語大辞典「常時」の解説

じょう‐じ ジャウ‥【常時】

① 特別なことがなく過ごしている普通の時。平の時。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉三一「健康の常時(ジャウジ)とは心意の趣を異にする病裡の鏡に臨んだ刹那の感情には」
② (多く副詞的に用いる) 日常ごく普通であるさま。また、習慣化して、そうなりがちであるさま。いつも。しょっちゅう。
※洒落本・色深睡夢(1826)下「ふんどしと、ぼんかりにくるは、ぜうじの事じゃ」
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉二「常時(ジャウジ)お越しになる訳やなうて、ときどきやって来られて」 〔杜甫‐秋日虁府詠懐一百韻詩〕

つね‐どき【常時】

〘名〙 =つね(常)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「常時」の解説

じょう‐じ〔ジヤウ‐〕【常時】

ふだん。平生(へいぜい)。いつも。副詞的にも用いる。「常時の警戒」「常時五名が待機する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android