常時(読み)ジョウジ

  • じょうじ ジャウ‥
  • じょうじ〔ジヤウ〕
  • つねどき

大辞林 第三版の解説

特別な事のない時。普段。 健康の-とは心意の趣を異にする/思ひ出す事など 漱石
(副詞的にも用いる)常にそうであること。いつも。 -観察を怠らない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 特別なことがなく過ごしている普通の時。平常の時。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉三一「健康の常時(ジャウジ)とは心意の趣を異にする病裡の鏡に臨んだ刹那の感情には」
② (多く副詞的に用いる) 日常ごく普通であるさま。また、習慣化して、そうなりがちであるさま。いつも。しょっちゅう。
※洒落本・色深睡夢(1826)下「ふんどしと、ぼんかりにくるは、ぜうじの事じゃ」
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉二「常時(ジャウジ)お越しになる訳やなうて、ときどきやって来られて」 〔杜甫‐秋日虁府詠懐一百韻詩〕
〘名〙 =つね(常)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常時の関連情報