コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森県十和田市 とわだ〈し〉

1件 の用語解説(青森県十和田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕十和田〈市〉(とわだ〈し〉)


青森県南部の市。
市の西南部は十和田湖東岸に接する。市の北西部は八甲田山系の山々が連なり、十和田湖を源とする奥入瀬川三本木原などの河岸段丘を形成している。2005年(平成17)1月、旧・十和田市と上北郡十和田湖町が合併して現在の姿となった。旧・十和田市はかつては軍馬の生産地として知られ、現在は稲作、ナガイモ栽培、畜産が主産業。食品加工・電機工場なども操業。いっぽうの旧・十和田湖町は農林業・観光業主体で、ヒメマスを特産。市西部は十和田八幡平国立公園の景勝地。蔦温泉・猿倉温泉十和田湖温泉郷などがあるほか、蔦の七沼、谷地(やち)湿原、睡蓮沼といった見どころがある。十和田湖畔には高村光太郎の作品、乙女の像がある。十和田湖と奥入瀬渓流は国の特別名勝天然記念物に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青森県十和田市の関連情報