非拘束名簿式比例代表制(読み)ひこうそくめいぼしきひれいだいひょうせい

大辞林 第三版の解説

ひこうそくめいぼしきひれいだいひょうせい【非拘束名簿式比例代表制】

比例代表制選挙の一方式。各政党は順位を定めない候補者名簿を作成し、有権者は政党名か候補者名のいずれかを選択し投票するもの。政党名および候補者名の得票を合計し、その得票数に応じ各政党に議席数を比例配分した後に、その政党が獲得した議席数まで得票の多い候補者から順番に当選が決定する。 → 比例代表制名簿式比例代表制

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非拘束名簿式比例代表制の関連情報